Sigfoxを始めよう

Sigfox通信を利用してみましょう。 下記手順でSigfoxを利用してメッセージを取得し、Webアプリケーションサーバと連携し、可視化できます。

このページでは、初めてSigfoxサービスをご利用される方を対象にしています。Sigfoxを利用した商用サービスを行う方はパートナー登録が必要です。お問い合わせからご連絡ください。

デバイス入手

Sigfoxデバイスは国内外で数百のSigfoxパートナーから提供されており、さまざまなデバイスがあります。開発キットとしてSigfox Breakout Board(SNOC製SMK製)、Sigfox Shield for Arduinoなどがありますので、入手してみましょう。

開発キット以外のSigfoxデバイスや、モジュールは対応製品ページからご確認、ご購入いただけます。

Sigfox回線の入手、デバイスの登録、回線の紐づけ

次に入手したデバイスをSigfox Backend Cloudに登録した後、デバイスに回線を紐づけ、Sigfox通信を行うことができるようにします。

Sigfox Backend Cloudではデバイスの情報や、メッセージを確認することができます。 回線を入手し、紐づける方法はデバイスによって異なります。 以下を参照して、回線入手、デバイスの登録、回線の紐づけをしてみましょう。

開発キット(DevKit)

初年度利用
開発キットは1年間の無償回線付き
継続利用
2年目以降継続して利用される方
free デバイスの登録
回線の入手
Activate my DevKit
人 回線の購入
Buy Connectivity

*モジュールを組み込んだ自作デバイスのご利用をお考えの方へ
モジュールには、1年間の無償回線が付帯しています。購入元に利用方法をご確認ください。
商用利用の際には無償回線は付帯しません。 担当営業にお問い合わせいただくか、Sigfox Buyで回線を購入ください。

メッセージ送信

回線をお手持ちのデバイスに紐づけし、デバイスからメッセージを送信して、Sigfox Backend Cloudでメッセージを確認してみましょう。

メッセージ送信

メッセージ確認

デバイスから送信したメッセージを、Sigfox Backend Cloudで確認してみましょう。

Sigfox Backend Cloud にログイン
②上部DEVICEタブをクリックし、該当のデバイスIDを選択
 Device Information画面になります。
③左MESSAGESメニューをクリックすると、メッセージを確認できます。

なお、各デバイスメッセージの項目については以下の技術情報ブログをご確認ください。
Sigfoxデバイス管理 – デバイス管理

データ連携、メッセージの可視化

次はメッセージを可視化してみましょう。
メッセージを可視化するためには、Sigfox Backend CloudからWebアプリケーションサーバにメッセージを転送する必要があります。メッセージをWebアプリケーションサーバに転送するには、Callback、もしくはAPI連携の設定を行います。

Callback

デバイスのメッセージ送信ごとに、Sigfox Backend CloudからHTTP/HTTPSによりWebアプリケーションサーバにメッセージをリアルタイムに自動転送する機能です。
設定方法

API連携

API連携をすることでSigfox Backend Cloudに対し、 Webアプリケーションサーバからクラウドのグループ・ユーザ・デバイスの登録、編集、削除をすることができます。
設定方法

データの可視化

それではSigfox Backend Cloudに送られたメッセージを可視化してみましょう。Sigfox Backend Cloudと連携したダッシュボードが簡単に作成できます。

その他Sigfox Backend Cloudについて

Sigfox Backend Cloudの管理の仕組み

Sigfox Backend CloudとプラットフォームをCallback連携する方法

参考情報

その他Sigfoxに関する情報は以下のリンク先をご参照ください。

KCCS技術情報
Sigfoxの技術情報や最新情報を幅広く掲載しています。

FAQ
よくある質問を掲載しています。

Sigfox Build(英語)
さらにSigfoxについて知ることができるサイトです。

Sigfoxを利用した位置情報サービスはこちらをご覧ください。

Sigfoxには
世界を変える力がある

Sigfoxとは、低価格・低消費電力・長距離伝送を特長とした、
グローバルIoTネットワークです。

お問い合わせ