LPWAの優位性

LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークとは、近年、主に欧州から始まった新たな無線ネットワークの総称であり、低消費電力で広域をカバーするネットワークのことです。 2020年には30億のIoTデバイスが普及するとも言われる中、現状のIoTソリューションでは、 消費電力やコスト、データを収集するための環境構築、グローバルサポートといった課題があります。

これらの課題を解決するために出てきたネットワークがLPWAです。サブギガ帯(1GHz以下の周波数帯)を使用するSigfoxやLoRaWANの他、セルラー(携帯電話)ネットワークを使用するNB-IoTなどが、日本国内では注目されています。
IoT=モノのインターネット。様々なモノがインターネットにつながること、また情報交換する仕組みの総称。

LPWAの優位性

Wi-FiやBluetoothとの違いは?

低消費電力で
広域をカバーできるため
センサなどに活用できる

IoT用途で使用されている無線通信規格は、今までにも3GやLTE、Wi-Fi、Bluetoothなど多岐にわたり存在してきましたが、コストの課題や消費電力の課題があり、特に商用電源が確保できないような場所で、長時間使用するというニーズに応えられる無線通信規格は存在しませんでした。LPWAは少量のデータ伝送ではあるものの、数十mAの消費電力や数十kmの伝送距離といった技術的特長を持ち、上記課題を解決しようとしています。
つまり、LPWAは通信速度は遅いものの、低消費電力で広域通信が可能なので、IoTに特化した活用ができると期待されています。

Sigfoxには
世界を変える力がある

Sigfoxとは、低価格・低消費電力・長距離伝送を特長とした、
グローバルIoTネットワークです。

お問い合わせ