イベント・
セミナー

【Webセミナー】
明日から使える三密対策「MORITO CO2ウォッチャー」
~安心をお届けするためにできること~

本セミナーの申し込みは締め切らせていただきました。
多数のお申込みありがとうございました。

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、来る2020年12月15日(火)、株式会社ハーモニィ様、マスプロ電工株式会社様と共催で『明日から使える三密対策「MORITO CO2ウォッチャー」~安心をお届けするためにできること~』セミナーを開催します。

11月9日、センサーを片手に記者会見に臨んだ西村経済再生大臣は、「CO2濃度は、当初は640ppmだったが、話し始めて間もなく、900ppmを超えた。厚生労働省は、室内のCO2濃度を1000ppm以下に保つよう推奨している」そのように話をされました。

「MORITO CO2ウォッチャー」は、CO2濃度を計測、見える化し、換気の状態を監視して、その空間の安心感を伝えるとともに、必要な時には換気を促すことができます。既に飲食店、介護施設、アミューズメント施設、企業展示会、社宅の集会室など、続々と導入がはじまっており、事業継続をサポートしています。
本セミナーでは、CO2の見える化がもたらすこと、CO2ウォッチャーの使い方や事例、構成について説明いたします。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

開催概要

日程 2020年12月15日(火)14:00~15:00
会場 Web セミナー形式
定員 200名(先着順)
参加費 無料
主催 株式会社ハーモニィ
マスプロ電工株式会社
京セラコミュニケーションシステム株式会社
スケジュール 14:00 ご挨拶

14:05 『明日から使える三密対策「MORITO CO2ウォッチャー」~安心をお届けするためにできること~』
     株式会社ハーモニィ

14:40 質疑応答
15:00 終了


講演内容

『明日から使える三密対策「MORITO CO2ウォッチャー」~安心をお届けするためにできること~』

「MORITO CO2ウォッチャー」は、CO2濃度を計測、見える化し、換気の状態を監視して、その空間の安心感を伝えるとともに、必要な時には換気を促すことができます。
本セッションでは、はじめにCO2について、CO2と三密対策の関係、CO2の見える化がもたらすことについてお話します。続いて、センサーの設置、管理画面の使い方や機能といったCO2ウォッチャーの使い方をご紹介。最後に、CO2ウォッチャーの構成(センサーユニット、SIGFOX通信、クラウド、ポップ)、事例についてご紹介します。

株式会社ハーモニィ
代表取締役
大山拳臥氏