事例紹介

東京アンテナ工事株式会社様
街頭防犯カメラの導入・運用で街の安心・安全に貢献

設備・社会インフラ


東京アンテナ工事株式会社

URL:https://www.diginet.ne.jp/

東京アンテナ工事株式会社(以下、東京アンテナ工事)は東京都葛飾区で、地域BWA、アンテナ、ドローン、無線LAN・防犯カメラなどの設置工事およびその保守を行う企業である。葛飾区の13自治町会より街頭の防犯強化の相談を受け、2019年12月にTOA株式会社(以下、TOA)のSigfox通信を搭載した、街頭防犯カメラ「タウンレコーダー」を導入し、その運用を手がけている。

安心・安全な住民の生活のために

葛飾区自治町会は定期的に防犯パトロールを実施するなど 防犯意識が高い。2020年東京オリンピック開催を前に、助成金を活用して街の防犯体制を強化しようと、東京アンテナ工事に防犯カメラの設置を相談した。

「性能がよく街頭に簡単に設置できる防犯カメラを選定する中、遠隔で死活監視が可能なものはTOAの街頭防犯カメラ『タウンレコーダー』のみでした。防犯カメラにとって死活監視は必要不可欠な機能ですので、私たち管理側としても導入される自治町会様にとってもメリットがあると考え選定しました。」(東京アンテナ工事株式会社 代表取締役社長 三矢 宏氏)

遠隔監視ができない防犯カメラでは、実際に録画映像の提供を求められた際、カメラ故障により撮影ができていなかったことがあったという。安心・安全を担う防犯カメラとして安価に遠隔監視ができる仕組みが必要とされていた。

13自治町会で103台の街頭防犯カメラを運用

タウンレコーダーはカメラ機能と録画機能を一体化したオールインワンタイプの街頭防犯カメラ。電源供給用配線だけで動作するため簡単に設置できる。設計、設置場所の選定、工事を含め2カ月という短期間で103台の街頭防犯カメラを導入した。

葛飾区内の13自治町会内に設置された103台の街頭防犯カメラは24時間モニターされており、カメラに異常や不具合、機器に対する操作が発生すると、即座に東京アンテナ工事にアラートのメールが届き、対象のカメラの設置場所が把握できるため、ダウンタイムを最小限にとどめることができる。



「タウンレコーダーはSigfox通信を活用し、機器異常発生時に管理者に通知する機能を持っており、異常がすぐ把握できるため、管理・保守メンテナンスを担う納入業者や管理者の時間や手間といった負担が軽減されます。また、カメラの状態監視ができるため、録画映像を確認する際、重要な映像が撮れていなかったというリスクもカバーします。」(TOA株式会社 ソリューション営業本部 セキュリティマーケットデザイン営業部 松村 祐弥氏)



点検業務は大幅に省力化され、より安心に

「現場に赴くことなくカメラの状態監視ができることは、点検業務の大幅な省力化につながっています。また、カメラを操作されたことが遠隔通知された際、その旨自治会様に照会したところリアルタイムで把握されてたんですねと安心されました。」(三矢氏)


「カメラを設置したことで、犯罪の抑止効果が高まったのではないかと思います。あわせてゴミの不法投棄なども減少しています。地域の皆さんからもカメラの設置については『安心感を得られる』『付けて良かった』と好評いただいています。」(葛飾区上小松町会 会長 東原 洋子氏)


自治町会と地元企業が手を取り合って、より安心・安全な街づくりを推進している。


(右から) 東京アンテナ工事 代表取締役社長 三矢 宏 氏
葛飾区 上小松町会 会長 東原 洋子 氏
東京アンテナ工事 営業部 課長 大島 一美 氏
TOA ソリューション営業本部 セキュリティマーケットデザイン営業部 松村 裕弥 氏
同 乳井 良祐 氏
 



協業パートナー/利用サービス


TOA株式会社
https://www.toa.co.jp/

タウンレコーダー遠隔見守りサービス
https://www.kccs-iot.jp/solution/solutions/detail31/


取材時期:2020年7月
掲載日:2020年9月16日


その他の事例はこちらよりご覧いただけます。