事例紹介

浜松地域鳥獣被害対策協議会様
広大なみかん畑でICTを活用した有害獣のスマート捕獲を導入!

農業・環境

浜松地域鳥獣被害対策協議会


浜松市によって設立された浜松地域鳥獣被害対策協議会(以下、協議会)は、鳥獣による農作物被害を防止、軽減するために活動をしている。従来の鳥獣被害対策では維持管理や高齢化、人手不足といった課題からその継続が難しくなっていた。そこで、ICTを活用したスマート捕獲を推進し、この度マスプロ電工株式会社(以下、マスプロ電工)の提供する鳥獣被害対策わな開閉検知システム「ワナの番人」を導入した。

特産品のみかんを鳥獣被害から守るために

静岡県のみかん収穫量は平成28年度11.4万トンで、日本全国で3位となっている(農林水産省ホームページより)。中でも静岡県西部の浜松市北区三ヶ日町で栽培されているみかんは、甘さだけでなく、みかんらしい酸味があるということで人気があり、「三ヶ日みかん」のブランドとして有名だ。 この三ヶ日町でもイノシシやシカによるみかんの樹木への被害は深刻な問題となっている。せっかく育てた作物が、一晩で台無しになってしまい、営農意欲を削がれるほどの経験をした農家が多くいる。防護柵、電気柵は設置されているものの、広大なみかん畑において、その維持管理は非常に手間がかかり難しい。そのうえ、農家、猟友会の高齢化と人手不足もあり、今後の被害防止策の継続が課題となっていた。この課題に対し、協議会では、ICTを活用したスマート捕獲を推進している。

ICTを活用したスマート捕獲といっても、さまざまな機器がある。その中でネックとなるのがランニングコストと扱いやすさだ。広大なみかん畑で協議会が管理している捕獲檻は箱わなで20基あり、過去にサービスの導入検討したこともあったが、その導入運用コストのハードルは高く導入にはいたらなかった。また、高齢者が多い農家、猟友会メンバーが、必ずしもスマートフォンを持っているわけではなく、利用するために新たなアプリのダウンロードやログインが必要となると敬遠されてしまう。そこで、既存のツールを使って運用できる手軽なサービスを必要としていた。マスプロ電工の「ワナの番人」はSigfox通信を利用したシステムで、導入・運用費用が格段に安く、さらにメールで通知が来るため、スマートフォンでなくても扱えるという点で、検討の結果導入が始まった。

コスト・取り扱い・仕様に優れた鳥獣対策サービス

鳥獣被害対策わな開閉検知システム「ワナの番人」は、箱わな・くくりわななどにセンサーデバイスを設置し、ワナが作動したことを検知すると、あらかじめ登録しておいたメールアドレスへわなの設置場所名と作動を通知するシステム。

檻にはさまざまな仕様、形状があるが、どの檻にも設置することが可能で、檻への取り付けも非常に簡単。センサーをはめるだけでよいため、取扱い易い。また、乾電池2本で約2年間通信可能なため、電源工事が不要でランニングコストも抑えることができる。「ワナの番人」は檻の遠隔監視という点で、コスト・取り扱い・仕様に優れている。


わなの見回り作業を効率化し、高齢化、人手不足の深刻な鳥獣対策の現場に貢献

協議会では、2019年9月から捕獲檻に「ワナの番人」を設置して実証実験を開始。檻が作動したという情報が見回り作業の前に分かることで、見回りの順番や止め刺しの準備を効率的に行うことができる。

「通常わなの見回りは、早朝に各農家がみかん畑を見回っていました。現在でも1日に1回は必ず見回り作業を行っていますが、『ワナの番人』を導入してからは、メールを確認し、メールが届いていなければ通常の見回りルートで、メールが届いていたら、その檻に最初に行くということができるようになりました。心の準備ができる点もありがたいです。見回り作業が効率的に行えるようになり、今まで以上に果樹の世話に集中できるようになりました。また、捕獲通知のメールも、関係者全員に配信されるため、農家と自治体で一体感が生まれ、鳥獣被害対策に取り組む姿勢がより一層積極的になりました。」(浜松地域鳥獣被害対策協議会 ご担当者様)

また、万が一捕獲対象動物以外が檻にかかってしまった場合や、誤って子どもが入ってしまった場合など、大きな事故につながることを防ぐ一助にもなる。

鳥獣被害対策にICTを活用したいというニーズは非常に多い。しかし、通信料を含む運用費用が高額になることが導入のネックとなってしまう。その点、Sigfoxは安い通信料で運用可能で、これまで導入を検討したが諦めた自治体にとって朗報といえるだろう。被害はますます増加しており、国も鳥獣対策に補助金の交付を行うなど鳥獣被害対策に注力している。マスプロ電工の「ワナの番人」は、はこ罠、くくり罠、囲い罠など多種多様な罠に設置が可能であり、全国の自治体に導入を推進していく。

協業パートナー/利用サービス


マスプロ電工株式会社
https://www.maspro.co.jp/

鳥獣被害対策わな開閉検知システム「ワナの番人」
https://www.kccs-iot.jp/solution/solutions/detail37/


取材時期:2020年7月
掲載日:2020年8月5日


その他の事例はこちらよりご覧いただけます。