ケーススタディ: FEGA&Schmitt社

ケーススタディ: FEGA&Schmitt社

グローバルinfo.

FEGA&Schmitt社は、Wanzl社製スマートロールケージとHeliot社提供の0Gネットワ​​ークに接続されたBOX ID Systemsにより、コストを75%削減

課題
FEGA&Schmitt社は、ロールケージ内の電気製品を中央倉庫から顧客への配送のため配送センターに輸送する際に、効率、信頼性、および資産活用を改善する必要がありました。

ソリューション
同社はスマートシステムプロバイダーのWanzl社およびBoxID社と提携して、Heliot 社提供のHeliotEurope0Gネットワ​​ークに接続されたスマートロールケージを開発しました。このIoTソリューションにより、ケージのリモートトラッキングが可能になり、効率が向上し、顧客エクスペリエンスが向上しました。

効果
スマートロールケージは、運用プロセスの最適化を可能にする可視性とデータ洞察を提供します。
・輸送効率の向上
・損失と損害の削減
・最適化された資産活用
・コスト、時間、スペースの削減

FEGA&Schmitt社が車両管理をデジタル化する理由

FEGA&Schmitt社は、50年近くにわたり、高品質の商品、信頼できるサービス、優れた顧客サービスを提供することにより、ドイツの電気産業をサポートしてきました。

これまで同社は、木製のユーロパレットで流通ネットワークを介して商品を輸送し、バンドルをシュリンク包装していました。貨物輸送業者はパレットを地域の配送センターに出荷し、そこで輸送業者が顧客への最終配送を管理しました。

ビジネスのスピードが何年にもわたって加速するにつれて、このプロセスは遅く、費用がかかり、ミスが発生しやすくなりました。

パレットは、盗難、紛失、損傷の恐れがあり、顧客の利便性の阻害要因を特定できるような業務プロセスでもありませんでした。具体的な課題として、再利用のためのパレットの返却の遅さ、誤った配送、適切な場所で適切なタイミングで利用できるパレットの不足などがありました。

同社は、屋外と屋内の環境で長距離の双方向通信を確実にサポートできるため、0Gネットワ​​ークを選択しました。 これで瞬時に、簡単に、ヨーロッパをカバーするネットワーク接続を利用できるようになりました。

BOX IDデバイスは、ロールケージのほぼリアルタイムの位置情報をリモートで監視し、Webベースのアプリケーションに送信する費用効果の高いオールインワンソリューションです。事前設定されたすべてのデバイスは長寿命のバッテリーを使用しており、長年にわたってメンテナンスフリーで実行できます。ロールケージをHeliotEurope0Gネットワ​​ークに接続するのはシームレスで簡単です。このソリューションは、QRコード、バーコード、RFIDタグなど、他の追跡テクノロジーからのデータを統合して、FEGA&Schmitt社に配信ネットワークの包括的なビューを提供します。

各デバイスは、資産の位置データをオンラインWebアプリケーションに送信します。 FEGA&Schmittチームはいつでもアプリケーションを使用して、ロジスティクスプロセスをエンドツーエンドで可視化し、配送プロセスを最適化できます。小売業の顧客は、Webアプリケーションにアクセスして、出荷場所をリアルタイムで把握できるため、利便性が向上しました。

商品が目的地に到着すると、空になったWanzl社製スマートロールケージはスペース節約のためにL字型に折りたたまれ、互いに押し込まれ、戻されます。このサイクルにより、ロールケージを安全かつタイムリーにFEGA&Schmitt社に低コストで戻すことができます。

BOX ID Systemsの営業責任者、ChristianTrösch氏は次のように述べています。

「お客様は、サプライチェーン全体での物流資産の分布概要を常に把握できます。手動の在庫管理は、関連するすべての場所で自動的に継続的な在庫に置き換えられ、重要なプロセスとパラメーターは自動的に監視されます。」

目覚ましい業績

ロジスティクスネットワーク全体の資産追跡を改善するため、車両の半分にIoT対応のロールケージを導入して以来、FEGA&Schmitt社は目覚ましい業績を上げました。ロジスティクスネットワークの可視性が向上したことで、輸送効率と資産活用が改善され、損失と損害が減少し、時間とコストを節約できるようになりました。

同社の従業員は、スマートフォンまたはその他のモバイルデバイスでロールケージのQRコードをスキャンすることにより、ロールケージのステータスを記録できます。このプロセスにより、「損傷レポート」、「サービス稼働/修理中」、または「満杯/空」の区別などの分類を使用して、流通ネットワーク全体の資産ステータスを管理できます。従業員は、破損した資産や必要なスペアパーツの写真をWebアプリケーションにアップロードできるため、スペアパーツの管理も大幅に簡素化されます。

FEGA&Schmitt社が目指すスマートロールケージ車両の未来

FEGA&Schmitt社は、そのメリットと強力なROIに確信を持って、ロールケージの全車両を接続し、小包ロールコンテナ、ピッキングトロリー、長物ラック、システムパレットなど、より多様なIoT対応の積載機器を接続する準備をしています。

詳細はこちら(英語)
https://www.sigfox.com/en/news/case-study-fega-schmitt