盗難車の回収に向けたSigfoxの挑戦

盗難車の回収に向けたSigfoxの挑戦

グローバルinfo.

車のセキュリティ強化への絶え間ない努力にもかかわらず、ここ数年、盗難車の数に変化はありません。米国では、盗難車の5台に1台が戻ってきますが、その3割は激しく損傷した状態になっています。この状況は保険会社にとっては悲劇的で、かかるコストは推定60億ドルです。また盗難車回収企業も、常に新しく巧妙な盗難手段を考案する泥棒に立ち向かわなければなりません。

盗難車回収企業は通常、携帯電話または従来の無線通信技術を使用して車両を追跡します。通信リンクは、幅広いテレマティクス情報を提供しますが、より重要なのは、車の回収のために車両の位置情報を把握する手段となることです。これは、GPSデバイスが車両のどこかに隠された状態で搭載されている場合です。

この通信リンクは、車両を追跡するために重要で、壊れていると車両の追跡ができません。経験豊富な泥棒は、インターネット(GSM、3Gなど)で広く利用可能な基本的なセルラー妨害機を使用して大成功を収めることもできます。お気に入りの検索エンジンからアクセスし、妨害機を購入するのはとても簡単なのです。

このリスクを軽減するために、パブリックセルラーネットワークの代替手段が実装されてきています。一部の盗難車回収企業は、173MHzまたは440MHzの専用ネットワークを使用していますが、その導入、運用、保守には費用がかかります。また、ネットワークインフラストラクチャの運用は、車両回収サービスという本業とはかけ離れています。

…そこでSigfox0Gネットワークの出番です…

Sigfox 0Gネットワークは妨害に強い設計
盗難車回収企業は、妨害が試みられた場合でも、いつでもどこでも安全に資産を追跡できます。

Sigfox 0Gネットワークはパブリックネットワーク
高価なプライベートネットワークを維持する必要はありません。各地域のSigfoxオペレーターからネットワークを購入し、クラウドプラットフォームからデータにアクセスするだけです。

Sigfox 0Gネットワークはグローバル
Sigfoxは単一のグローバルネットワークであるため、煩雑なローミングはありません。ケープタウンからカレー、クライストチャーチまで車両を追跡できます。

Sigfox 0Gネットワークはコスト効率が良い
接続コスト、ハードウェア設計と統合のシンプルさが効率の主要な推進力であり、Sigfox 0Gテクノロジーの基本原則です。

Sigfoxは、ネットワークベースのジオロケーションもAtlas Suiteの一部として提供しており、ラストワンマイルのリカバリーソリューションを提供できます。すべて費用効果が高く、小型で妨害を受けにくい追跡装置に統合されています。

Securitas Direct社、ホームセキュリティのFidelityADT社、ドライバーの行動監視と盗難車回収のための企業Discovery Insurance社など、多くのセキュリティ企業がすでにSigfoxを商用規模で実装し、善良な人々を盗難被害から守っています。比較すると、この盗難車の回収市場全体の成長率は前年比+ 1.5%ですが、同市場におけるSigfoxの成長率は前年比+ 50%と格段に飛躍しています。

詳細はこちら(英語)
https://www.sigfox.com/en/news/stolen-vehicle-recovery-sigfox-changes-rules-game