SIGFOX 0G×SENSONEO社:製造業における廃棄物ロジスティクスを自動化するIoTソリューション

SIGFOX 0G×SENSONEO社:製造業における廃棄物ロジスティクスを自動化するIoTソリューション

グローバルinfo.

・生産施設で収集のタイミングに達した廃棄物収集の有効化
・収集ルート計画を自動化し、人的タスクを最小限に抑え、効率を向上
・報告されたゴミ箱の廃棄物のみを収集するための工場内移動最速ルートの計算

廃棄物は、開梱、切断、切削など製造プロセス全体を通じて発生します。資材ロジスティクスや生産フローは完全な状態を目指して慎重に検討されますが、廃棄物の収集にはそのような注意が払われていないことがあります。Sigfox社は、Sensoneo社と協力して、工場での廃棄物収集用に設計されたスマート廃棄物ツールを導入しています。

ドイツ、ミュンヘン 2020年10月29日

Sigfox Germanyは、Sensoneo社と提携して、屋内のゴミ箱を監視し、ゴミ収集を最適化するためのエンドツーエンドのソリューションを提供しました。このソリューションには、いっぱいになったゴミ箱を識別するためのSigfox0Gベースのセンサーとボタンテクノロジーが含まれています。 Microsoft Azureの強力なクラウドベースのプラットフォームであるSensoneo社のスマート廃棄物管理システムは、すべてのデータ、いっぱいになったゴミ箱からの通知を収集し、最適なルートを計算します。作業員は廃棄物収集操作を完全にリモートでコントロールできます。運転手向けの収集アプリは、工場の間取り図に従ってナビゲートし、フィードバックを記録します。

このソリューションは、定期・不定期で収集し、車両容量、ゴミ箱の容量・タイプ、ゴミの種別、作業スケジュールなどのさまざまな変数にも対応します。

既存の情報システムへの統合は、APIを介して利用できます。サードパーティのプラットフォームへのデータのソーシングも可能です。このソリューションは、リーン生産方式のコセプトにもうまく適合します。注文を増やすことで生産性を高め、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)も促進されます。

Sigfox GermanyのソリューションセールスディレクターであるElena Sztochay氏は説明します。
「私たちは短期間でプロジェクトを展開することができます。私たちの経験によると、慎重に調整すれば最速7営業日で準備できます。詳細なデータベースは、ゴミの種類、容量、ゴミ箱の位置、場所、収集しやすい場所等すべてのデータを統合します。プラットフォームは、顧客の管理するゴミ箱のすべてのデータを統合し、ルート収集計画のあらゆるルールに対応します。システムのダッシュボードを使用すると、作業員はすべてのゴミ箱、計画に基づいた最新収集ルート、サービスの検証、堆積量などの情報に素早くアクセスできます。これにより、作業員はゴミ収集操作全体をタブレットまたはスマートフォンを介してリモートで完全に管理できます。」

「2014年にソリューションを開発して以来、包括的なスマート廃棄物管理の範囲は大幅に拡大しました。社内に蓄積された開発ノウハウのおかげで、さまざまな業種の特定要件を満たすのに十分な柔軟性があります。工場向けのスマート廃棄物管理とその強力なルート計画エンジンはほんの一例です」と、Sensoneo社の創設者兼CEOであるMartin Basila氏も話します。

「リクエストを受けてから60分以内にコンテナを空にする」、「運転手はこれまでの収集ルートを完了したら新しいルートを受け入れる」、 「廃棄物タイプAとBは同時に収集できるが、タイプCは別に収集しないといけない」など、Sensoneo社のプラットフォームには、さらに複雑な条件が組み込まれています。

これらに代表される多くの有益な機能により、自動車産業メーカーは、Sensoneo社のソリューションを実装するようになりました。

ドイツで2つの生産施設を運営している自動車大手米国メーカーのロジスティクスアナリストは、この0Gソリューションの価値あるメリットを以下のように認めています。
「プロジェクトチームとの協力は非常に専門的で、プロジェクトは承認された計画に従い綿密に実行されました。当社の新しい工場廃棄物管理ソリューションは、社内の廃棄物管理に秩序と効率をもたらします。最適化された収集ルートに加えて、廃棄物管理ポリシーに関する戦略的決定に必要な貴重なデータが手に入ります。」

アプリケーションに対応したエンドツーエンドソリューションを最短時間で利用できるようになりました。必要な財政的および時間的投資を決定するための初期コスト計算テーブル、およびかつて展開されたプロジェクトに基づく償却計算は、Sigfox Germanyによって提供されます。

仮定ではなく、ゴミ箱の実際の堆積レベルを中心に廃棄物収集することにより、サービス品質を維持または改善しながら、推定コスト、より正確には、廃棄物収集関連のコストを30%削減できます。Sigfox 0Gネットワ​​ークはドイツのほぼすべての場所ですでに利用可能であるため(エリアカバー率88.4%、人口カバー率85.9%)、Sensoneo社のソリューションは屋内の廃棄物管理に加えて、屋外のゴミ箱やコンテナにも展開できます。

詳細はこちら(英語)
https://www.sigfox.com/en/news/sigfox-0g-sensoneo-iot-solution-automating-waste-logistics-manufacturing