ネットでの情報発信がなければ存在しないに等しいーWebinarの凄まじい威力についてー

事業部長ブログ

みなさん、こんにちは。

KCCSでSigfoxを担当しております、LPWAソリューション事業部長の松木です。

今回はネットマーケティングについてのお話となります。

ーーーーー

さて、Sigfoxをいかに市場に認知させていくか、LPWAのコンセプトをいかに普及させるか、そしてIoTというパラダイムをいかに社会に浸透させていくか?

私どもKCCSは、これらの手段として展示会に参加しカンファレンスを開催してきました。

多くのSigfoxパートナーさまにもご協賛いただきました。

ところが、新型コロナウィルスの影響で3月以降から夏までの展示会や交流会はほとんどがキャンセルまたは秋以降に延期となっています。

さらに、東京に関しましては、来年に延期されたオリンピックの影響もあり、来年の展示会やセミナーなどの会場の選択に制限があります。

5月以降、緊急事態宣言が解除され、外出の自粛も徐々にとかれ始めてきてはいますが、現場での活動が100%対面という元の状態にはまだまだ戻れていません。

さて、このような状況が続いていくと、リアルな世界が次第に閉じていくのではないかという恐れを感じてしまいます。

展示会などで新たなお客様に出会い、新たな引合が生まれる機会が減ってきているからです。

オンラインでのミーティングは引き続き継続していますが、これらは既存案件に関するものです。

ーーーーー

一方、このようなリアルの世界とは対照的なのが、ネットの世界となります。

都市部においては、緊急事態宣言後において、在宅勤務を余儀なくされた方々が多くおられると思います。

毎日の巣ごもり生活の中で、メルマガを使ったWebinarの案内がやたらと増えたことに気づかれましたでしょうか。

Webinarとは、インターネット上で行われるセミナーのことです。

Webinarそのものは別に珍しいものではなく従来からありました。

しかし、在宅勤務者が増えてきた中で、その有用性が脚光を浴びてきたように思います。

私自身も何回も参加して非常に便利だと思いました。

まず、

  1. 投資コストはセミナーの時間だけ。リアルだと必要だった会場までの移動時間、移動コストが不要となります。
  2. 家にいながらにして、コーヒーを飲みながら、リラックスして受講できます。
  3. 上司の目を気にする必要がありません。
  4. 在宅なので誰かから話しかけられて学習が中断することもありません。
  5. オンラインであるがゆえに集中できます。

以上、在宅勤務とWebinarは非常に相性がいいと思います。

一方、KCCS自身もSigfoxパートナーであるOPTEXさんやCACHさんとWebinarをすでに開催しています。

実際に開催しての感想ですが、リアルに比べると集客効率が非常に高いと思います。

実参加者カウントでリアルの5倍程度の集客が短期間で可能となっています。

Wwbinarから新規引合が生まれる蓋然性も高くなります。

さらに在宅勤務が根付いていけば、ユーザーサイドでの学習効果も積み上がっていくでしょう。

つまりは、ネット世界におけるビジネス領域が量的にも質的にも急激に拡大していっているということです。

リアル世界におけるビジネス領域が閉じていっているのと非常に対照的です。

このような働き方の変化を受けて、一般論としてではありますが、営業戦略も足で稼ぐ対面営業からネットを使ったインサイドセールスに程度の差はあれ変位していくのではないかと思います。

やや極端な表現ですが、

「ネットでの情報発信がなければ存在しないに等しい」

という冒頭のタイトルはこういう意味です。

今後、効果的なワクチンが生産されるようになり、「新しい生活様式」に私たちが慣れてくれば、対面方式の活動も徐々に復活してくるでしょう。

しかし、オンライン様式での働き方の普及で、対面方式は従来とはまったく異なった認識での活動になると思います。

対面であるがゆえのコストとリスクを担保するために、

  • 最重要顧客
  • 大規模案件
  • 特別案件(技術/マーケティング)
  • 最終工程
  • 緊急事態

などが対面活動の条件になるのではないでしょうか。

当然、対面活動の前にそれなりの準備が不可欠となり、リアル版展示会やカンファレンスは従来にも増してより充実した場になるのではないかと考えています。

このような社会の変化を受けて、KCCSとしてもWebinarを始めとした、ネットを活用したマーケティングを積極的に推進いたします。

特にWebinarに関しましては今後も継続的に開催していく方針です。

共催をご希望のSigfoxパートナーさまにおかれましては、担当営業へ遠慮なくご相談くださいませ。