いざ実践! Sigfoxを活用した物流業務改革 ~IoTでパレット運用の課題を解決へ導く~

トピックス

日報ビジネス(株)「月刊カートン・ボックス」2020年5月号より転載

いざ実践! Sigfoxを活用した物流業務改革
~IoTでパレット運用の課題を解決へ導く~

川合 直樹◉文
京セラコミュニケーションシステム株式会社
LPWAソリューション事業部 LPWAソリューション部 部責任者

1. 物流業界積年の課題「パレットはどこへ消えた?」

 さて、読者の皆様には釈迦に説法かもしれないが、この話題を進めるにあたり、まずは冒頭で物流業界におけるパレットの役割について改めて振り返ってみたい。

 パレットは、メーカー、卸業者、小売業者など複数の企業で構成されるサプライチェーン間において、“モノ” の流れとそこにまつわる業務を効率化するための仕組みとして、戦後、アメリカから日本に持ち込まれた。パレットが無い時代は、例えば、A倉庫から出荷される“モノ” は基本的にトラックにバラ積みされ、B倉庫に到着すれば、またバラで降ろされ保管される。B倉庫からC倉庫へ出荷する際には……といった繰り返しであり、その荷役業務に携わる配送員や倉庫作業員の方の労働工数たるや、想像することも難しいほどである。

 パレットそのものはいわゆる「荷台」かもしれないが、そのコンセプトは上述の通りサプライチェーン全体にわたる業務効率化を目指したものという意味においては、筆者は“仕組み”であり、“モデル” であると捉えている。具体的には、出荷元から納品先まで、同一パレットに“モノ” を積み複数企業を経由して輸送していくことを“一貫パレチゼーション” と呼び、パレットレンタル事業者や業界団体がその実現に向けて取り組んでいる。現在、Eコマースどの普及により物流量は過去とは比べ物にならないほど飛躍的に増加し、その一方で物流業界の長時間労働の削減が叫ばれている中、パレットに期待される役割はますます高まっていると言える。

 しかしながら、その実現に向けては課題が付きまとっており、物流業界全体で“一貫パレチゼーション” による恩恵を十分に享受できているとは言い難いことも事実であろう。何故か? そう、パレットがなくなるのである。パレットがなくなる、消える、どこへ行ったか分からなくなる、だからメーカーは卸業者へパレットごとは渡さず、その先の事業者間のやりとりでも同様である。これは、目新しい見解でも何でもない。物流業界では誰もが認識していることであり、業界積年の課題なのである。

続きをPDFでご覧になりたい方はこちら

<INDEX>
1. 物流業界積年の課題「パレットはどこへ消えた?」
2. 解決に向けてのアプローチ
3. 0Gネットワーク「Sigfox」とは?
4. 物流業界でのSigfox活用事例
5. いざ実践! 導入レシピ