ニチガスが日本で85万台のガスメーターをSORACOMとUnaBizで接続

グローバルinfo.

2019年11月20日、シンガポール/台湾/日本。

日本各地に85万台ある日本瓦斯株式会社(ニチガス)のガスメーターは、後付けのガスメーターリーダーによってFY2020の終わりまでにスマートに変革します。このプロジェクトはこれまでで最大規模のスマート設備ソリューション導入の1つです。

ニチガスによって開発された「スペース蛍」は、既に設置されているガスメーターに簡単に後付けでき、ガスメーターを“スマート”にするリーダーです。ネットワークコントロールユニット(NCU:Network Control Unit)が、ガスメーターの使用量データを読み取り、Sigfoxの0Gネットワークを利用してニチガスのIoTデータプラットフォーム「ニチガスストリーム」に送信することで、遠隔でのガスバルブ制御を可能にします。NCUはエネルギー効率が良く、内臓バッテリーで10年以上の使用が期待できます。

低コストでリアルタイムなガス計量が現実に
「スペース蛍」は、ガス業界が共通して抱えている課題「リアルタイム管理を可能にするために低コストな方法でデータを送信すること」に取り組んでいます。

これまでは月に一回担当者が手作業で読み取っていたガスメーターデータですが、リーダーの導入以降は、NCUによって毎時読み取られ、日ごとに「ニチガスストリーム」に送信されます。集められたデータは、各世帯でのガス残量を可視化・予想するために用いられ、ガスシリンダーのタイムリーな交換と、顧客サービス品質の改善を可能にします。

さらに、NCUはメーター関連の事故についてのレポートも行います。地震発生時には、ガスバルブが自動的に閉じるようにプログラムされており、利便性とリアルタイムのセキュリティーを可能にしています。

高速なパートナーシップによるソリューション
「スペース蛍」は、ニチガス、SORACOM、UnaBiz、Sigfox、そして京セラコミュニケーションシステムの強い協力により実現しました。このソリューションは、京セラ株式会社の子会社である京セラコミュニケーションシステムによって整備された0Gネットワークで実現しています。

ニチガスの広報担当者は、この新製品に対する期待を話してくれました。
「ソフトウェアとハードウェアの開発におけるSORACOMとUnaBizの専門知識を組み合わせることで、私たちのアイデアをすぐに大量生産につなげることができました。チームの能力と熱心さが、この耐久性とコスト効率に優れたスマートガスメーターの開発における重要な成功要因であり、市場投入へのスピードは比類のないものです。より詳細なガスの消費データを集め、正確に需要と供給を分析することで、それらを効果的な物流と配送経路の設定に役立て、最大のリソース効率を実現することができます。さらに、既存および潜在的な顧客に最適なエネルギー使用計画を提案できるようになります。」

ニチガスは、NCUプロジェクトが変化する日本の消費者市場と世界のエネルギー分野の両方で、同社が技術的な先導者となると予想しています。ニチガスは、「スペース蛍」とニチガスストリームがサポートするシステムを他のガス事業者やエネルギー事業者に提供してく予定です。

また、Sigfox社のCEOであるLudovic Le Moan氏は次のように話しています。
「このようなコラボレーションによりプロジェクトが大量生産につながったことに非常に興奮しています。Sigfoxは、市場の成熟が進んできているおかげで、1500万のモノが私たちのネットワークにつながるという目標をさらに超えていこうとしています。このプロジェクトは、より高い収益と利益率のためにアセットをつなぐという産業の素晴らしい可能性を示しています。」

IoTの可能性を引き出す
ニチガスのハードウェアソリューションの設計と製造を担当するUnaBizは、例えば企業がプロセスのデジタル化を最適化できるようにするなど、ユーティリティセクターを超え、物流や施設管理において、IoTソリューションがいかに効果的で手頃に実現可能か述べています。

UnaBiz社のCEOであるHenri Bong氏は次のように説明しています。
「私たちは、企業や業界がプロセスを最適化し持続的に成長するのに役立つ、高品質で経済的で持続可能なソリューションを設計したいと考えています。接続するということは、必ずしも資産を完全に再構築しなければならないということではありません。このプロセスで企業、消費者、環境のすべてが成功することが重要なのです。」

Henri氏の考えは、SORACOM社のCEOである玉川 憲氏にも共有されています。
SORACOM社は、農業、エネルギー、建設から家庭用電化製品、製造、不動産まで多岐にわたる分野において、デバイスを接続可能なプラットフォームを提供しています。

玉川氏は以下のように話します。
「ニチガスは、スマートIoT接続プラットフォームが大規模な展開にもたらすメリットの代表例を示しています。IoT技術とクラウド機能の組み合わせにより、企業は世界中のどこでも迅速に、手頃な価格で、安全にデバイスを接続でき、それにより効率、持続可能性、顧客満足度を向上できるのです。」


英語はこちら
NICIGAS CONNECTS 850,000 GAS METERS IN JAPAN WITH SORACOM AND UNABIZ