ケーススタディ:ミシュラン社(フランス)

グローバルinfo.

最高級の顧客サービスの追求

大陸間の海上貨物フローを評価する際、フランスのタイヤ製造業者ミシュラン社にとって顧客満足度は重要なパフォーマンス指標です。ミシェランは高水準のサービスを保証するため、正確でリアルタイムな在庫位置情報をいつでも把握し、遅延が発生する場合はすぐに顧客に通知できるようにしたいと考えていました。ビジネスの健全なキャッシュフローを確保するには、貨物の迅速な配達も重要でした。

費用対効果の高いトラッカーとグローバルネットワーク

ミシュランは、オペレーションの変革を専門とするリーディングコンサルティング会社であるArgon Consultingと協力して、品質と位置情報の正確さを確保するため既存のトラッカーとテクノロジーを調査し、それらをどのように開発および最適化できるかを検討しました。

グローバルなIoTサービスプロバイダであるSigfoxは、ミシュランにトラッカーを提供できた唯一の国際的な低電力ネットワークプロバイダであり、動作する各国で0Gネットワークを介して高品質の接続性を提供しました。

この3社は、積荷の積み下ろし、温度、湿度、受ける衝撃などトラッカーの物理的な動きを検出できるアルゴリズムを設計するために協力しました。

開発した追跡ソリューションは、在庫のリアルタイム管理により、海上在庫が最大10%削減され、推定到着時間の精度も40%向上しました。

ジオロケーションサービスはネットワークの強度に大きく依存しています。Sigfoxの接続性は遠隔地であっても、ミシュランとその顧客に、トラッカーの信頼性の高い機能とそれらに送り返されるリアルタイムデータを届けることができました。

1年半にわたるプロジェクトの末、この3社は現在、ジョイントベンチャーSafeCube社を立ち上げています。


主な利点

費用対効果の高さ

特定のタイミングでのみデータを送信する基本的なトラッカー、小型バッテリー、低消費電力により、追跡された出荷あたりのコストは競合他社よりも大幅に低くなります。時間とコストの節約は顧客満足度向上につながります。

多様な監視

トラッカーは、貨物の動きだけでなく、光、温度、湿度などの商品の移動状況も監視するため、予期しないコンテナの開封や、出荷に悪影響を与える可能性のあるあらゆる状況に迅速に対処できます。

拡張性

SafeCube社の誕生により、このソリューションはあらゆるビジネスに適応でき、さまざまな要件に合わせて迅速に拡張できます。

再利用可能なデバイス

追跡デバイスは使い捨てではありませんが、少なくとも4年間は再利用できるように特別に設計され、環境に配慮しています。

 

大陸間サプライチェーンの最適化

SafeCube社は、毎年コンテナの出荷1億件、全世界の売上高にして50億ユーロを超えるサプライチェーンとロジスティクス業界をデジタル時代へ導こうとしています。これからも顧客に届けるデータの種類を増やし続け、さらに高い可視性と効率性を確保し、顧客満足度の向上に努めます。

詳細はこちら(英語)
Case Study – Michelin