0G World – モニタリングの未来

グローバルinfo.

0G Worldの最初のエピソードでは、デンマークの企業Sensohive社のプロダクトマネージャであるRasmus Uhre氏が、Sigfox FoundationディレクターMarion Moreauに、Sensohive社の最先端のセンサ技術を紹介しています。コペンハーゲンでの食料とコンクリートの状態監視の事例は、世界中のどこからでも何十億というモノのデータの共有を実現する前触れとなっています。

コペンハーゲンの最先端の食品貯蔵施設の1つでは、Sigfoxの 0Gネットワ​​ークが温度監視に革命を起こしています。温度は、口にするものの安全性という点で非常に重要な要素です。以前は温度を手動でチェックして書き留めていましたが、現在はSensohive社のセンサが自動的に温度を測定します。 Sigfox 0Gネットワークを利用して、このデータは30分ごとに10,000人以上のクライアントを抱える巨大な北欧の食品安全会社であるeSmileyに直接送信されます。食べ物の温度は、収穫された畑から食事を提供されるレストランまで、常にモニタリングされます。

デンマークの建物も0G革命によって大きく変化しています。 0Gテクノロジーを搭載したSensohive社のセンサは、コンクリートに直接埋め込まれており、真の遠隔性が生まれました。建設会社は世界中のどこからでもリアルタイムでコンクリートの状態をモニタリングすることができます。

詳細は下記のリンクからご覧いただけます(英語):
0G World - The future of Monitoring