デバイスメッセージをSigfoxクラウド上で確認できないとき

技術情報

Sigfoxデバイスを長らく使っていると、「あれ?メッセージが届いてきていない?」と気づかれる瞬間があるのではないでしょうか?
まずはサービスエリアを疑う訳ですが、今まで使えていた場所なので、そんなはずがない。。。
そんな場合、まずは"MESSAGES"画面ではなく、"TRASH MESSAGES"メニューを開いてみてください。TRASH MESSAGEに最近のメッセージデータが表示されているのであれば、下記を確認してください。

  1. トークンが切れていないか?
  2. シーケンス番号飛びによりメッセージ受信が拒否されている

トークンが切れていないか?

Sigfoxデバイスを利用する場合は、KCCSパートナーSigfox Buyから回線トークンを購入します。トークンには、契約開始日(Start date)に基づいたActivate(回線開通)可能な期限(Activation end date)、通信可能な期限(Communication end date)が定義されています。
例えば、契約内容(Contract Info)が下記の場合

img-technical-0417-01.png

  • Start date : 2017-03-31
  • Activation end date : 2018-03-31
  • Communication end date : 2019-03-31

その契約上で使うデバイスは、2018年3月31日までにアクティベーションする必要があります。期限ギリギリ(2018年3月31日)にアクティベートしたデバイスは、2019年3月31日まで使用可能という意味になります。
また、例えば、2017年10月10日にアクティベートした場合は、そこから1年間がトークンの期限となります。
トークンの延長も可能ですが、トークン自動更新の設定を入れていない場合、トークン切れによるメッセージ受信ができないという事例がよくあります。

"トークン切れ"の場合は、下図のようにデバイス一覧画面のToken state欄にimage.pngというマークが付いています。

img-technical-0417-02.png

念のため、デバイスIDをクリックし、デバイス情報(Information)ページを見てみると、トークンが切れていることがわかります。

img-technical-0417-02.png

トークン切れの場合の対処方法

トークン切れの場合は、"リスタート"することにより、引き続きメッセージ受信ができるようになります。
継続して利用可能なトークンが契約内に残っていることを前提に、Restartボタンをクリックしていただければ結構です。


シーケンス番号飛びによりメッセージ受信が拒否されている

Sigfoxの場合、なりすましデバイス防止のひとつとして、シーケンス番号管理をしています。(デバイス管理についてはこちらも見てください)

シーケンス番号が一定値以上飛んでしまった場合には、メッセージが受信できなくなります。
Deviceの"EVENTS"メニューを見ると、シーケンス番号の警告(warning)やエラー(error)情報を確認することができます。
シーケンス番号によるメッセージ管理については、こちら参照。

シーケンス番号飛び時の対処方法

DeviceTypeないしDeviceのInformationページ右上に配置されているDisengage sequence numberボタンをクリックしてください。
これにより、シーケンス番号管理がリセットされ、以降のメッセージを受信できるようになります。