AWS IoT / Azure / IBM WatsonにSigfox DATA ADVANCED Callbackが対応

技術情報

Sigfoxクラウド8.0/8.1のリリースに伴いAWS IoT / Azure / IBM WatsonへのDATA ADVANCED Callbackが可能になりました。

img-technical-190219-1.png

DATA ADVANCED Callbackとは

Sigfoxネットワークでは、1つのデバイスから送信されたメッセージを、複数のSigfox Base Station(ゲートウェイ)で受信することができるため、ネットワーク品質評価は、受信した各基地局における受信レベル(RSSI)で評価されます。
詳しくはこちら

DATA ADVANCED Callbackは、このネットワーク品質評価指標(Link Quality Indicator: LQI)を計算しCallbackしてくれます。
また、今後、Atlas WiFiと呼ばれるWiFi APベースの位置推定やAtlas Bubbleと呼ばれるSigfoxビーコンベースの位置推定によるデバイス位置が、このDATA ADVANCED Callbackに追加される予定です。(2019年2月現在)

DATA ADVANCED Callbackのはじめ方

Sigfox Callbackと各プラットフォームとの連携は、以下を参考にしてください。

DATA ADVANCED Callbackは、上記設定において、Type項目をSERVICE-DATA_ADVANCEDに設定してください。

img-technical-190219-2.png

これにより、下図のように
lqi: Link Quality Indicator(ネットワーク品質評価指標)の他、computedLocation(Atlasシリーズにより算出されたデバイス位置情報)をCallback時の変数として利用することができます。

img-technical-190219-3.png

例えば、下記のようなCallback Bodyを作成することにより

in.json
{ "device": "{device}", "time": "{time}", "seqNumber": {seqNumber}, "lqi": "{lqi}", "computedLocation": {computedLocation} }

下記のようなCallbackが各IoTプラットフォームに送信されます。

out.json
{ "device": "7B0DE2", "time": "1550556026", "seqNumber": 398, "lqi": "Excellent", "computedLocation": { "lat":35.642533388093675, "lng":139.7312282567643, "radius":11736, "source":2, "status":1 } }

なお、sourceは、位置推定で使用したSigfoxサービス、statusは、推定エンジンの結果ステータスを意味し、下記の定義となっています。

source
- 1 : Sigfox GPSフォーマットでペイロードに記載されたGPS位置情報
- 2 : Atlas Native(基地局測位)
- 6 : Atlas WiFi(WiFi APベースの位置測位)

status
- 00: No position
- 01: OK
- 02: Fallback of Atlas WIFI
- 20: Invalid payload
※Fallback of Atlas WIFIは、Altas WiFiにより位置推定結果が得られたが、Atlas Nativeの結果に対して、10㎞以上の誤差がある場合を意味します。
つまり、この場合は、Atlas WiFiサービスで使用するWiFi APロケーションDBにおいて、登録されているAPの位置情報に誤りがある可能性があります。

最後に
DATA ADVANCED Callbackは、LQIや位置情報の計算処理のため、約30秒遅れてCallbackされることをご留意ください。