「IoTアイデアコンテスト」審査結果レポート

イベント

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、2018年12月8日(土)に『Sigfoxで生活を楽しくする「IoTアイデアコンテスト」』の本選を開催しました。

Sigfoxは低コスト、低消費電力、長距離伝送を特長としたグローバルIoTネットワークです。日本国内においてはKCCSがSigfoxネットワークを運営する通信事業者として、ネットワークサービスを提供しています。
本コンテストは未来を担う学生の皆さんを対象に、本年7月23日から9月20日までの期間、Sigfoxを活用した、生活を楽しく、便利で、快適にするアイデア(プロトタイプ部門、アイデア部門)を募集し、全国から71件もの素晴らしいアイデアを応募いただきました。
審査委員長にオープンなコンピュータアーキテクチャ「TRON(トロン)」の構築で知られる坂村 健 氏(INIAD(東洋大学 情報連携学部)学部長)を迎え、厳選な書類選考を経て勝ち残った15組のファイナリスト(プロトタイプ部門10組、アイデア部門5組)が、北は岩手、南は沖縄から東京に集結し、本選でのプレゼンテーションに挑みました。

  • コンテスト会場の様子

  • プレゼンテーションの様子

ファイナリストの皆さんは、これまで時間と労力をかけ練り上げたアイデアや、製作したデバイスのデモを力強く披露。
トイレの水量データ収集による高齢者の排泄障害の早期発見、高齢化・後継者不足に悩む畜産農家向けの業務軽減など、身近な課題、それぞれの地域ならではの課題をSigfoxの特長を活かして解決する発想豊かなアイデアが次々と発表されました。
審査委員の質問に緊張しながらも、アイデアのきっかけとなった体験や創作過程での苦労を話す場面では笑顔もこぼれていました。
結果発表では、各部門の最優秀賞、優秀賞に審査委員長の坂村氏からトロフィーが、KCCS代表取締役社長 黒瀬善仁から賞金(パネル)が、それぞれ贈呈されました。受賞作品など詳細はこちらをご覧ください。