Sigfox CallbackとAT&T M2X連携

技術情報

AT&T M2Xとは、AT&Tが開発したIoT Platformです。ここでは、Sigfox Callbackを用いてAT&T M2Xと連携する方法を説明します。

AT&T M2X側の設定

下記URLからSIGN-UPします。
https://m2x.att.com/

tech-181222-1.png

Deviceの作成

まずは、Sigfoxデバイスに紐づけるDeviceをM2X上で作成します。
画面上のCreate Deviceボタンをクリックすると、下記ダイアログが表示されます。

tech-181222-2.png

ここでは、Device NameDevice Serialを入力しCreateします。
Deviceが作成されると下図のように、M2X上で作成したDEVICEのIDやAPI KEYが生成されます。PRIMARY ENDPOINTPRIMARY API KEYは、この後のSigfox Callbackの設定で使用します。

tech-181222-3.png

Sigfoxクラウド側の設定

Sigfox Callbackの作成

Sigfoxクラウドで、対象デバイスが属するDeviceTypeのCallbackを作成します。Sigfox Callbackについては、こちらを参照ください。

tech-181222-4.png

ここで、M2X上でDeviceを作成した時に生成されたPRIMARY ENDPOINTPRIMARY API KEYを元にSigfox Callback設定項目を入力します。

項目設定
Url patern http://api-m2x.att.com/v2/devices/{M2X上でのDEVICE ID}/update
Use HTTP Method POST
Headers header: X-M2X-KEY / value: {M2X上でのPRIMARY API KEY}
Content type application/json

Bodyは、

body.json
{ "values": { "payload": "{data}", "device": "{device}", "temperature": "{customData#temp}" } }

とします。temperatureはCustom Payload Configを参考に設定してください。


再びAT&T M2X側の設定

Streamの作成

Sigfox Callbackで設定したデータ項目ごとにM2X上でStreamを作成する必要があります。

tech-181222-5.png

[Add Stream]ボタンをクリックし、Streamを作成します。

tech-181222-6.png

Add Stream画面では、Stream ID、Display Name、Stream Typeを設定します。
Stream IDは、Sigfox CallbackのBodyで設定した項目と一致する必要があります。
今回の例では、下記3つのStreamを作成します。

Stream IDDisplay NameStream Type
payload Payload Non-Numeric
device Device Non-Numeric
temperature Temperature Numeric

すべてのStreamを作成すると、SigfoxクラウドからAT&T M2Xへのデータ転送が成功し、Non-NumericのStreamはリスト形式で、NumericのStreamは時系列グラフで転送されたデータを可視化することができます。

tech-181222-7.png

Callbackがうまくいかない場合は、Sigfoxクラウドで該当デバイスのMESSAGES画面にあるCallbacksステータスを確認してください。赤ボタンになっている場合はCallbackに失敗している例であり、ボタンを押すとエラー内容を確認することができます。

tech-181222-8.png

M2Xでは、StreamとCallbackするときのJSONに定義したvaluesが一致しないと、上図のようにHTTP:422エラーが発生します。