Sigfox Shield for Arduino (UnaShield)の温度データをNode-REDでグラフ表示

技術情報

Sigfox CallbackとIBM Watson IoT Platformとの連携は、Sigfox CallbackとIBM Watson IoT連携で記載しましたが、ここでは、Sigfox Shield for Arduino(UnaShield)から取得した温度データをNode-REDのグラフダッシュボードで表示します。

前提(UnaShieldのCallback設定)

UnaShieldの開発ドキュメントはhttps://unabiz.github.io/unashield/ で公開されています。ここで、サンプルスケッチ"DemoTestUnaShieldV2SRCZ3"を使うと、UnaShieldの通信モジュールで計測される温度入力電圧を取得できます。
Sigfox Callback設定のCustom Payload Configで、下記の定義を入力すると
counter:2:int:16:little-endian temperature:6:int:16:little-endian voltage:10:int:16:little-endian
{customData#counter}、{customData#temperature}、{customData#voltage}で、送信メッセージのカウンタ値、温度、入力電圧を使い、下記のようなJSONを設定できます。

sigfoxcallback.json
{ "device" : "{device}", "time" : {time}, "data" : "{data}", "counter" : {customData#counter}, "temperature" : {customData#temperature}, "voltage" : {customData#voltage} } 

このメッセージをIBM Watson IoT PlatformにCallbackし、温度データをグラフ表示します。

Node-REDの設定

Node-REDでは、Node-RED Libraryで、世界中のユーザが作成したノードが公開されており、自身のフローに追加することができます。
ここでは、dashboardというノードを使用します。

Dashboardノードをフローに追加する

Node-REDの右上メニューから"パレットの管理"メニューを選択し、検索バーで"dashboard"と検索します。

tech-1029-01-1.png

"node-red-dashboard"というノードが一覧に表示されるので、[ノードを追加]ボタンをクリックします。
左メニューの"dashboard"グループに複数のノードができるので、今回は、gaugeとchartをフロー上にドラッグ&ドロップします。

tech-1029-01-2.png

次に、gaugeとchartをダッシュボードに配置する設定を行います。

ノードをダッシュボードに配置する

右メニューでimage.pngボタンをクリックし、"配置"(Layout)タブの[+タブ]ボタンをクリックすると新規タブ(Tab 1)が作成されます。Tab 1のところで[+グループ]ボタンをクリックすると新規グループ(Group 1)が作成されます。

tech-1029-01-3.png

今回は、このTab1のGroup1の配下にgaugeとchartを配置します。
フロー上のgaugeノードをダブルクリックすると、編集画面が表示されるので、Group項目で"Group 1 [Tab 1]"を選択します。

tech-1029-01-4.png

同様にchartノードも"Group 1 [Tab 1]"を選択してください。

Watson IoT Platformから温度データをDashboradに表示する

最終的なフローは下図の通りとなります。Watson IoT Platformから取得したJSONメッセージから温度情報を切り出し、dashboardに展開する"temperature" functionノードを作成します。

tech-1029-01-5.png

温度情報をダッシュボードに渡す(temperature)ノードの作成

Watson IoTからは、msgオブジェクトとして、下記のJSONが送られてきます。

fromWatsonIoT.json
{ "topic": "iot-2/type/5a17978f5005747c7760123d/id/7B0DEx/evt/message/fmt/json", "payload": { "device": "7B0DEx", "time": 1540797562, "data": "0b8d274f056fffea002003f5", "counter": 3, "temperature": 291, "voltage": 30 }, "deviceId": "7B0DEx", "deviceType": "5a17978f5005747c7760123x", "eventType": "message", "format": "json", "_msgid": "631ce355.88a95c" } 

ここから、温度(temperature)を取得し、daschboardに必要なtopic、payload、timestampにマッピングします。(必要な項目は表示するグラフ種別により異なります)

tech-1029-01-6.png

ここで、温度情報は元々10倍した値がUnaShieldから送られてくるため、ここで10分の1しておきます。また、timestampも、ミリ秒単位がdashboardの単位なので、秒単位で送られてくるmsg.payload.timeを1,000倍しておきます。

動作確認

デプロイimage.png後、ダッシュボードメニュー(下図)の赤枠をクリックすると、デプロイされたページを確認することができます。
通常、Node-REDのURLがhttps://xxx.mybluemix.net/red の場合、グラフダッシュボードのURLはhttps://xxx.mybluemix.net/ui/ となります。

tech-1029-01-7.png

下図のようにゲージと時系列グラフが表示されることが確認できます

tech-1029-01-8.png

なお、dashboardノードのドキュメントはこちらを参考にしてください。