9/20『第23回 IoT技術セミナー』出展レポート

イベント

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2018年9月20日(木)、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された「第23回 IoT技術セミナー ~最新LPWA実践導入の勘所 主力4方式を徹底チェック!~」(主催:株式会社リックテレコム)で講演しました。
実用フェーズに突入した「Sigfox」の最新動向と適応領域を広げる新サービスの活用ポイントを紹介しました。

講演

タイトル
実用フェーズに突入した「Sigfox」の最新動向
適応領域を広げる新サービスの活用ポイント

講演者
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS) 
LPWAソリューション部 部責任者 日比 学

  • 講演会場の様子

  • 京セラコミュニケーションシステム株式会社
    LPWAソリューション部 部責任者 日比 学

日本国内でのサービス開始から1年半を迎えたIoTネットワーク「Sigfox」は、低コスト・低消費電力のグローバルIoTネットワークとして導入が進み、すでに実用化段階に入った事例が数多く出ています。その原動力となっているのが、通信回線とともにトータルでサービス提供される全世界共通のゲートウェイやクラウドサービスです。これらによって、共通のフレームワーク上で開発が可能になるため、アプリケーションの横展開はもちろん、サービス提供のためのエコシステムも早期に立ち上げることができ、IoTビジネスの展開をスピードアップさせることができます。また、Sigfoxはこの世界共通の仕組みをベースにして日々進化を遂げており、新たな機能やサービスを積極的に実用化しています。

本講演では、まずSigfoxネットワークの概要を復習し、国内のサービスエリア展開状況や市場動向/利用動向を事例を交えてご紹介しました。また、サービス開始以降に追加された「下り通信」などの新機能や、「Monarch」(シームレスグローバルローミング)、「Sigfox Atlas」(低消費電力GPS、Wi-Fi測位サービス)といった新サービスの概要と利用方法を説明し、Sigfoxで実現する将来のIoT展望を解説しました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。