SDR dongle - Sigfox Radio Signal Analyzer (RSA)の使い方

技術情報

この機能は、Sigfox通信モジュールの開発者向けです。

Sigfoxは、通信モジュールとデバイスのローカルテスト用にSDR dongle(旧名SNEK:Sigfox Netwrok Emulator Kit)をリリースしています。購入にあたっては、DigKeyのWebサイトか、KCCSにお問い合わせください。

tech-180608-1.png

このSDR dongleを使用することにより、

が可能になります。
ここでは、無線信号試験を行うためのSigfox Radio Signal Analyzer (RSA)機能の使用方法を説明します。

RSAのインストール


RSA動作環境

下記の環境が必要です。

  • USBブートが可能なPC
    • PCスペック(64bit、2GB以上のRAM、USB 2.0 High speedポートx2)
  • SDR dongle
  • 試験モジュール

RSAソフトウェアのダウンロードとブータブルUSBの作成 (Ubuntu)

まずは、こちら(Sigfox support)のページSoftware and driversからRSAのISOイメージRadio Signal Analyzer (bootable iso)をダウンロードしてください。
ダウンロード後、ブート用のUSBにISOイメージを書き込みます。「ブータブルUSBの作成」アプリケーションを起動し、

tech-180608-2.png

下図の通り、ブータブルUSBを作成してください。

tech-180608-3.png

その後、PCを再起動しますが、PC起動時にBIOS設定でUSB bootになるように設定してください。

RSAソフトウェアの使用方法

USBブートでPCを起動すると、ubuntu MATEが立ち上がります。
デスクトップ上のRadio Signal Analyzerアイコンをクリックすると

RSAが立ち上がります。

tech-180608-5.png

ここでは、上り信号試験を行う場合における設定例を示します。

1.Device Configuration

Device Configurationボタンを選択すると、下図ダイアログが表示されます。

tech-180608-6.png

主な設定値は下表のとおりです。

項目設定値補足
Modem Type Uplink Only
Radio Configuration RC3a/RC3c 試験モジュールの仕様に合わせてください
Device ID 例00077BDE 試験モジュールのデバイスID
Key Selection Public Key

2.テスト開始

Testerとして"SDR-Dongle"を選択し、Openボタンをクリック。

tech-180608-7.png

その後、Startボタンをクリックするとテストが開始されます。

tech-180608-8.png

3.Sigfoxスペクトラムの確認

あとは、試験モジュールから信号送信してください。FFTタブで、Sigfox信号を確認することができます。

tech-180608-9.png

4.その他

復調結果(シーケンス番号やペイロードなど)や受信電力密度の確認なども可能です。

tech-180608-10.png

RSAを使用することによりSigfox Verified Certification (P1認証)のローカル試験の大半が可能になりますので、是非使ってみてください。
詳しくは、RSA users guideをご覧ください。

追伸:スクリーンセーバーに入ったりして復帰する時にパスワードを聞かれたら"rsa"と入力ください。

注意事項

SDR dongleは電波法関連の技術基準適合認証を取得しておりません。ご利用にあたっては、電波発射しないようにしてください。(Uplink Onlyモードは問題ありません)